緑肥

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ゆか 【関東】 2010/02/14(日) 20:16:02
庭先で野菜作りを2年前から始め、9ヶ月前から15坪ほどの畑(日当り最高です)を借りています。
畑のまわりに緑肥としてリトルソルゴー、ニューオーツを育てて風よけや敷きわらとして利用しました。
枯れてしまったリトルソルゴーの地上部は刈り取ったのですが、次に種まきをする前に掘りかえして耕した方がいいのですか?
不耕起ではだめでしょうか?

シンジ 【関東】 2010/02/17(水) 21:02:19
土作りの基本的なことの一つに、土中に空気を多く含んだ状態にしておくことがあります。 これは新たに植えた野菜類の根が張りやすくなり成長促進するのに役立ちます。 緑肥の根をそのままにしておくことで、堆肥化しようということと推察しますが、やはり土中に空気を含ませることを優先して、30cmほど掘り返した方が良いと思います。 

ゆか 2010/02/18(木) 20:15:39
そうですか、やはり掘り返した方がいいのですね。
ところで、緑肥作物をすき込むと良いと本などに書いてありますが、生長のどの段階ですき込むのが効果的なのでしょうか。風よけや敷きわらとして利用した残骸では効果は期待出来ないとか、マリーゴールドなら花を楽しんだ後では遅いとかということはあるのですか。

シンジ 2010/02/19(金) 22:05:41
緑肥のすき込む時期ですが、野菜類の植え付け前最低1カ月は必要だと思います。 この期間は、すきこんだ緑肥が腐る際の発酵熱で野菜類の根を傷めない時間です。 マリーゴールドは、緑肥として花が咲いている時の方が、薬用の分泌が良いので、元気なうちにすき込んだ方が良いと思います。

http://www.takii.co.jp/green/ryokuhi/index.html

ゆか 2010/02/20(土) 21:06:05
[[解決]]
シンジ様ありがとうございました。
参考にさせていただき、いろいろ試してみたいと思います。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

野菜・家庭菜園用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター