地中に残った根

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

TAO 【関東】 2009/02/14(土) 10:22:35
冬野菜を整理し春の準備中です。地中に残った根はよくないと聞いたことがありできるだけ取るのですが残ります。どの程度の根がどのような悪さをするのでしょうか。根の始末について教えてください。

ばんざいうさぎ 2009/02/14(土) 14:03:38
根の除去は株を引っこ抜いて土を落とした程度で、細かい根までは気にしなくても大丈夫ですよ。この時期なら春の植え付けまでには地中で分解・吸収されてしまいます

根に病害虫(ネキリムシやネコブセンチュウなど)が付いていた場合は土壌の消毒・殺菌が必要になりますが、その症状が見つからなければ土に堆肥や石灰を足して(直ぐに一緒にいれずそれぞれ7〜10日置いて混ぜる)や追肥を入れてから植えつけることができます

農家などではその後長期間(数か月くらい)何も植えないのなら収穫後の株ごと鋤きこんで緑肥にしてしまう事もあるくらいです。収穫後の株や根を取り除くのは次に植えつける作物に影響が出ないようにというのが大きいのではないでしょうか(生で鋤きこむと分解までしばらくかかり、未熟な緑肥が残ると発酵熱で新しい作物の根を傷めるため)

また、根の周りの土には前の植物の根が排出した成分が蓄積していたり、前の作物が好んで吸収し地中には少なくなってしまった成分、それらの影響で微生物が減っていたりと健康な土から比べると栄養分やミネラル微生物のバランスが崩れています。それらを解消するために堆肥や石灰、肥料などを補ってあげ、前回の野菜と同じ科の作物は連作しない(連作障害予防のため)前回の野菜で不足している肥料分を補う(葉物なら窒素、花・実野菜はリン酸、根野菜はカリを多めに入れる)新しく作る野菜の為に必要な肥料分を補う事が必要です

特定の肥料分ばかり蓄積しないように(特に窒素が溜まると植物は弱くなる)輪作して同じ科のものは3〜4年置いてから作ると、病害虫や連作障害などが起こりにくい栽培ができますよ

TAO 2009/02/14(土) 16:54:20
そうなんですか。ありがとうございます。いわゆる根毛などは残っていても大丈夫なのですね。根の事を聞いて汗だくになって(でもないか)篩に掛けていました。庭の狭い畑ですので連作に気をつけ石灰・堆肥・肥料を足しながら作っています。出来が悪いのも多いので 根の始末のせいかと心配しました。根毛ぐらいは1・2ヶ月で自然に分解するのですね。雑草や野菜クズを乾燥させればすき込んでも大丈夫でしょうか。

ばんざいうさぎ 【北海道】 2009/02/15(日) 14:19:33
家庭の畑の様な限られた場所で土地を休ませるのが難しい場合は、雑草や野菜クズは必ず堆肥化してから土に鋤きこんで下さいね
乾燥させすぎると土での分解が遅くなりますし、瑞々しすぎると腐ってにおいや害虫の原因になります

できればコンポスト容器などに入れては土や堆肥化促進剤を混ぜてコンポスト堆肥にすると良いですよ
収穫後の残り株や根に病害虫の付いていないもの、雑草の種子や病害虫の付いていない刈ったものや抜いたもの(抜いた雑草は根が生きていると再生するので干してから入れる)野菜クズはしんなりするくらい干してからが一番ですが、濡らしていなければ入れられます。よく絞った麦茶やお茶っぱ、広葉樹の落ち葉、鉢植えに使っていた古土なども入れられますが、玉ねぎ皮・コーヒーかす、かんきつ系果物の皮は堆肥には不向きですしイチョウの落ち葉も堆肥に使えません。動物性の残さは動物が荒らしたりキツイ匂い、害虫を呼び寄せるので入れない方が良いです
コンポスト容器がなくても簡単な囲いがあれば作れますが、必ず定期的に土をよくかき混ぜて、空気を入れるようにし容器や囲いにいっぱいになったらビニールで覆って数か月置いておくと堆肥が出来上がります
その堆肥を土に鋤きこんで混ぜて少し寝かせて馴染ませてから作物を植えて下さいね
作が良くないのは土の成分の偏りがあるのかもしれません。堆肥は何をお使いでしょうか?牛糞堆肥だとしたら、繊維が消化しつくされて窒素が多すぎ塩分も含まれるので土壌改良には向きません。なにより窒素が年々蓄積されてしまい作物にとっては良くないのです。コンポスト堆肥やバーク堆肥や完熟を確認した腐葉土、入手できれば馬糞堆肥の方が肥えた土が作れますよ。牛糞堆肥は葉物野菜の肥料程度に少量使うに留めて下さいね
今まで牛糞堆肥ばかり鋤きこんでいて窒素分が過剰に蓄積されている可能性があるのなら、それを少しでも取り除くためにトウモロコシかヒマワリを栽培すると良いですよ

TAO 2009/02/18(水) 11:41:32
詳しく教えていただきありがとうございます。コンポストと落ち葉堆肥は少し作っています。冬場はなかなか発酵しないので抜いた野菜のクズとか大量に出る果物の皮などは別に ツンドク しています。根は堆肥には混ぜないようにします。作物の出来は物によって違うのですが肥料のバランスが悪いものもあると思います。牛糞堆肥は昨年ごろから使い出し、バーク堆肥や腐葉土を主に土壌改良に使っていました。畑もだいぶ作物が整理されてきましたので春からの作物の計画を考えています。
土作りが大事といいますが見た目ではわからないことがいっぱいなのですね。根っこの始末のことからいっぱい勉強させていただきました。ありがとうございました。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

野菜・家庭菜園用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター