畑に硫黄粉末散布しても良いでしょうか?

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ぴょんぴょん 2008/05/31(土) 14:37:28
阿蘇山で「もぐら・なめくじ駆除に効く」と書いてあったのにつられて
硫黄の粉末を買いました。畑にまいても大丈夫と売っているおじさんは言ったのですが不安です。硫黄粉末を畑にどう使えばよいかご存知の方教えてください。

cactus 2008/05/31(土) 16:24:26
僕も初めて聞く名前ですから、僕なりに少し調べて見ました。
説明内容は抜粋になりますが、簡単ですが少し書いて見ますね。

硫黄粉末は以前はpH値を調整するために使用され、深さ1pで1uを
1pH下げるのに50g〜80gが必要なようです。
地温が15度以上を超えないと使用が出来ず、効果が出るのは2か月〜
3か月だそうです。
これらは全て畑に散布した場合の事ですが、調べたところにはナメクジ
やモグラに有効とは書かれていませんでした。

現在は学校用の試薬などに用いられ、余り使う方は少ないようです。
ただ現在でも製造販売をされているようですから、日本のどこかで使用
されている方が居られるはずです。
暫くしたら使用経験の方の意見が決めるかも知れません。解決しないで
今暫く待って下さい。

A果樹 2008/05/31(土) 18:43:54
買われたのは酸度調整剤の硫黄じゃなくて、農薬としての硫黄粉50とかいう、キュウリやカボチャ用のうどん粉病予防の殺菌剤ではありませんか。
治療薬ではなく予防薬としてうどん粉病以外の万能殺菌剤のことだと思います。私はブルーベリーの移植に使おうと思って硫黄粉を買ったつもりでしたが、硫黄粉50を見て完全な勘違いと気が付きました。
今ではキュウリ、カボチャ、葡萄、ウリなどうどん粉病を発症するような野菜苗を植えつける時、浅くまきます。
効いてるかどうかは知りませんが、苗の生育に影響は出ていません。
純粋の農薬でもありませんし、微量要素の付加ぐらいのつもりで使っています。

    
  

horiday 【北陸】 2008/05/31(土) 23:58:52
硫黄は使用方法によっては安全性に疑問があるため農薬としての登録をしないと使用(販売)は出来ないはずです。今は殺菌剤としての登録されているものがあるくらいです。
このことは下のサイトの「特定防除資材(特定農薬)について」のページの「特定農薬に該当しない資材の取り扱いについて」の本文と別紙にあります。
http://www.maff.go.jp/nouyaku/

ぴょんぴょん 【近畿】 2008/06/01(日) 12:57:18
3人の方から早速お返事をいただいたのには感激しました。買った硫黄は農薬ではなく阿蘇山で採取された自然のものだと思います。燃えやすいので飛行機で帰る人は持てないと書いてありました。以前干し柿産地で柿を硫黄で薫蒸してあるのでカビないのだと説明を受けてそれも試したいのですが、やり方が分からずいささか買った硫黄を持て余している状況です。

2008/06/02(月) 00:25:29
機会があって定期的に阿蘇山上に行きますので売店でお土産に売っている硫黄は知っています。引火性ですし、混ぜるものによっては爆発物も作れるので当然飛行機には持ち込めませんね。 売り口上は基本的に『伝承の効果』で水虫やら皮膚病からナメクジ、モグラまで・・・。匂いでの忌避効果や温泉の民間伝承の効能の程度のお話なので、正確な根拠は求めない方がよいかと。(まあ硫黄臭の好きなナメクジもいないと思うが) 売られているモノは硫黄鉱山の噴出口の硫黄鉱石の塊を粉砕したようなもの(阿蘇で採掘しているかどうかは知りません)なので、たぶん硫黄と硫黄化合物の混合物だと思いますので入浴剤(湯の花)みたいなモノでしょうか。農薬の硫黄50とも大差ない感じですね。使用するしないは個人のご判断で。私は硫黄分を土と混ぜてブルーベリーの根元に撒いた事がありますが、阿蘇山土産だと値段が高いので農薬屋で硫黄粉買って来ました。 

horiday 【北陸】 2008/06/03(火) 11:18:19
>柿を硫黄で薫蒸してあるのでカビないのだと
燻蒸の方法は、皮をむいた後で1立方メートルの箱に、15g〜20gの硫黄を燃やして20〜30分いぶします。
扇風機と除湿機があれば室内で干すことが出来ます。
http://www.maruka-ishikawa.co.jp/FRUITS/items/korogaki_seisan.htm

パタリロ 【四国】 2008/06/03(火) 18:01:28
話が本題から外れますが
私は硫黄を燻蒸することに嫌悪感を持ちます。二酸化硫黄は非常に有毒物質です。殺菌作用・漂白作用は強いのですが、そのまま大気汚染の元になります。かつて銅の精錬所周囲の山の植物は全て枯れてしまいました。自動車の排気ガスの被害は皆さんご存知のとうりです。畳表の材料のイ草も硫黄で燻蒸して漂白しますが、周囲の植物は枯れてしまいます。使用する本人も健康を害する可能性が大きいのです。

パタリロ 【四国】 2008/06/03(火) 18:01:33
話が本題から外れますが
私は硫黄を燻蒸することに嫌悪感を持ちます。二酸化硫黄は非常に有毒物質です。殺菌作用・漂白作用は強いのですが、そのまま大気汚染の元になります。かつて銅の精錬所周囲の山の植物は全て枯れてしまいました。自動車の排気ガスの被害は皆さんご存知のとうりです。畳表の材料のイ草も硫黄で燻蒸して漂白しますが、周囲の植物は枯れてしまいます。使用する本人も健康を害する可能性が大きいのです。

ままかり 2008/06/03(火) 21:29:24
硫黄といえば、ちょっと前に秋田で死者でましたよね。

最近もトイレ洗剤のサンポールと混じると死ぬと口コミで広まり、薬局協会がサンポールの撤去を決めたとか決めないとか・・

扱いにも保管にも慎重に帰さないとです

ぴょんぴょん 2008/06/06(金) 23:25:13
いろいろとご教示ありがとうございました。阿蘇山の火口で削り取った硫黄とばかり思っていたのですが、あらためてネットで検索してみたら今の硫黄は石油精製時の副産物だと知ってびっくりです。軽はずみには使えないことも分かり、差し当たってはうどんこ病予防にきゅうりの周りに少し撒いてみることにします。干し柿燻蒸は換気のことを考えると素人にはむずかしそうなので、今まで通り熱湯をくぐらせてこまめに焼酎でカビ予防をしましょう。北海道の硫黄山など地上に露出している硫黄もありますね。沢山買ってしまったので今度は硫黄を無害化する方法を教えていただけませんか。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

野菜・家庭菜園用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター