みかんの木を移植したら

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

浦島太郎 【関東】 2007/10/30(火) 15:35:42
家を建替えるために、この5月にみかんの木を約10m離れたところに
移植しました。この木は、樹齢30年、高さ2m位で毎年、たくさんの実がなっていた木です。移植した後、水やりも忘れず行ってきたのですが、この10月上旬ごろから、葉っぱが枯れ落ち始め、実も数センチのままシワだらけで、落ち始めました。枯れてしまったのでしょうか?
義母が大事にしていた木なので、なんとかしたいのです。
どのような対策をすればよろしいのか、どなたか教えてください。

たちつ 【近畿】 2007/10/30(火) 20:19:03

基本的に、柑橘類は、移植に弱いものです。移植適期にもうるさい。
葉がまるまる。葉色が青銅色になる。脱色する。は現在は生きていますが、近い将来完全に枯れてしまいます。ほとんど再生は不可能です。
私は、この変色した時点で、枯れたといっています。
根に体力・耐力が無い状態。
草花や薄い葉のように、葉が萎れないので都合が悪い。新芽新葉にしても、弱っても萎れない。

基本的に、根を切れば・傷めれば、それと比例して、枝葉を刈り込まなければ、根と茎葉のバランスが取れません。水分の吸収と蒸散。
木が大きければ、大きいほど、老木なら老木ほど、事前準備が必要です。

事前準備とは、根回し・根きりのことです。
半年前とか、半年毎に、移動できる重さの根土を残して、根を切って、様子を見る。長く伸びた根を切り詰めて、株元に細かい根を繁殖させる。根を切る方法は、円周状に、一度に切る場合も有れば、大事をとって、放射線マークのように、2回に分けるとかイロイロ。
http://www.mhi.co.jp/atom/img/mituba.jpg

そのまま様子を見て、回復を祈るしかない。

このように、考えます。

そのまま植え替える気持ちは、解かります。実がなっているのにとか、
切ったら枯れるとか、来年に実がならなくなるとか、可愛そうとか色々な思惑心情もある。しかし、枯れてしまっては、元も子もない。
2/3程思い切って、斬り捨てることでした。
わが子を刺し殺したり、投げ捨てることはできても、腕や腿を切り落とすことは、医者で無い限りできないものです。殺した後で、バラバラに、する事件はある。生身の手足を切り落とした事件は無い。大昔の刑罰にはあった。


cat 2007/10/31(水) 12:37:27
手遅れと思いますが、大急ぎで実と葉を全部除去しましょう。
(移植前から実は除去し、たちつさんの御指摘のように枝の剪定を最低限
やるべきでした)

タネツギ(タネツリ改め) 【関東】 [URL:http://homepage2.nifty.com/tane-tak/] 2007/11/02(金) 08:07:48
幹40cm程度だけを残すようにすべて切り去り、ワラか寒冷紗で厚めに覆っておけば、春に萌芽してくれるかもしれません。

浦島太郎 2007/11/04(日) 11:58:45
[[解決]]
みなさま、アドバイスありがとうございます。
昨日まで出張してたので、お礼が遅れてすみません。
早速、これから、枝をバッサリ剪定してみます。
そして、防寒対策し、来年春まで、結果を待ってみます。
また、これからも、アドバイスよろしくお願いします。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

野菜・家庭菜園用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター