すす病 これからどうすればよいか?

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

まるお 【中国】 2012/11/15(木) 14:46:07
庭木のサルスベリが2年前からすす病になっています。
毎年5〜7月ごろスミチオンなどの消毒を2〜3回庭木全体に行っています。
サルスベリは新枝は大丈夫ですが木の先端(今年の枝を剪定した元)が
2年前から黒い状態です。
剪定の時チエックしましたがカイガラムシなどは見当たりませんでした。
今年は少し離れたところの白モクレンの葉が黒くなりました。
木の下の満天星がモクレン側が一部黒くなっています。
モクレンは木が大きいため今回枝をバッサリ切り落しました。
満天星は紅葉の最中です。
これから年間を通してどのように対処したらよいのでしょうか?

当地は山陰 これから雪が降ります。

gardenfan 2012/11/15(木) 19:38:20
サルスベリ すす病になりやすいですが、原因がアブラムシやカイガラムシの排泄物ですので、冬場に石灰硫黄合剤で殺菌殺虫するかマシン油で虫対策をして下さい。
アブラムシ・カイガラムシにはエトックスやスプラサイドを、すす病にはベンレートなどが効きます。

まるお 2012/11/19(月) 16:00:25
[[解決]]
ありがとうございます。
アブラムシ・カイガラムシなどは見当たりませんでしたがとりあえず
消毒をしてみます。

毎日 雨が降りなかなか天気と休日が合わず困っています。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター