鹿沼土とパンジーの相性について

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ぴこ 2011/11/28(月) 11:19:38
パンジーをプランターで育てる場合、赤玉、培養土、腐葉土などに混ぜて鹿沼土をそのまま混ぜて使って大丈夫でしょうか。

普段は鹿沼土は酸性のイメージから、アザレア用や他の植物にピートモスの代用として使っています。
ところが今年購入したパンジー苗に、鹿沼土の入った土で育てられたものがありました。
たまたまとは思いますが、赤玉主体で育てられた苗に比べて、鹿沼の入ったものの方がぽっと苗から出したときに根が元気な様子でした。
そういえば培養土でも鹿沼土を使ってあるものもありますが、そういったものは他の成分で酸性を中和されているのかもとも思います。

もし問題なければ、プランターも軽く管理も楽になりますし、赤玉、培養土、腐葉土などに混ぜて手元にある鹿沼土を使ってみたいのですが大丈夫でしょうか?

だむ小 2011/11/30(水) 23:06:32
パンジーはとくに土壌を選ばないようです。パンジーの用土に腐葉土やピートモスを入れるのは保湿のためです。水はけのことを考えると鹿沼土はむしろ良いと思います。赤玉土をまったく使わず、そのかわりに鹿沼土を使うという人もいます。水はけと保水性が良いので根張りも良いそうです。

ぴこ 2011/12/01(木) 20:46:26
[[解決]]
だむ小さま ご回答ありがとうございます。

鹿沼を使って育てられた苗が元気だったのは、偶然ではなかったんですね。
購入苗には根の状態が良くないものも多かったので、元気に育ってくれるようにもう1度鹿沼土を使って鉢を緩めてみようと思います。
近所であまり質のよい赤玉が手に入らないので、今回鹿沼土が使えると教えていただき大変助かりました。 

回答がつかないかもしれないとあきらめかけていたので、本当にうれしいです。購入苗を元気なパンジーに育てたいと思います。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター