レシュノルティアの葉が落ちてしまいます。

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

まごちゃん 【関東】 2010/07/10(土) 18:27:38
昨年、3号鉢くらいで購入したレシュノルティアですが、現在は南側軒下に置いているのですが、葉がどんどん落ちてしまいます。乾燥気味が良いとのことですが、少し雨が当たるのが原因でしょうか?元気を回復する方法がありましたら教えてください。

M 2010/07/11(日) 09:45:08
レシュノルティア=レケナウルティア(初恋草)でよろしいでしょうか?
もし違いましたら以下はスルーして下さい。

自分の経験からして、オージープランツの場合は育て方サイトなどで書かれている通りに育てても、失敗する事が多いです。
初恋草は育てていないのでオージープランツ一般に言われている事でアドバイスさせていただきます。

この植物が自生している環境は、砂や礫しかないような乾燥した場所です。
日本の気候は湿気が多く、普通の用土にこれらの植物を植えると夏(梅雨)が越せずに枯れてしまいます。
用土は何を使っていますか?
サボテン用土や多肉植物用土、または山砂+小粒の小石+鹿沼土(赤玉土)+肥料分の入っていないバーク堆肥を混ぜた用土に植え付けると良いです。
乾燥しやすい用土ですので、水やりには気をつけて下さい。
あとは肥料を与えない!
リン酸に弱いので、液肥なんて与えたら間違いなく枯れます。
どうしても肥料を与えたいのならば固形の油粕を少量のみ、夏場を除いた年に1〜2回だけ与えると良いですよ。
また、軒下という事ですが日当りはどうでしょうか?
オーストラリアの植物は日光が不足すると弱ります。
雨の当たらない場所で日当りと風通しの良い場所が最適です。

自分はフランネルフラワー、プロテア類、エレモフィラニベアなどオーストラリアの植物はすべて酸性用土で育てていますが、西オーストラリアに自生しているもの(初恋草、カンガルーポゥとか)は弱アルカリ性用土が良いと見た事があります。
(ただ、カンガルーポゥも育てていますが特に石灰など混ぜて育てていないし、試していないので用土の違いに関しては分かりません)
もし弱アルカリ性用土で育てて、万一枯れてしまっても責任とれませんので、試される場合は自己責任でお願いします。

以上長々と書きましたが、(本当は植え替えしない方が良いのですが、用土に問題があるのならば)まずは根鉢を崩さずに用土を入れ替え水切れに注意しつつ日光に十分当ててみてはいかがでしょう?

まごちゃん 2010/07/14(水) 21:01:09
[[解決]]
ありがとうございました。

思い当たるところがたくさんありました。
最大の失敗は液肥を与えたことでしょうか。
土はサボテン用土に鹿沼土を混ぜたものです。
最近は葉が落ちるのが止まりました。もう少し様子を見てみます。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター