モッコウバラのシュートがしおれてしまいました。

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ちょび子 2009/10/24(土) 09:55:46
東南むきのトレリスに誘引しているモッコウバラです。
素焼きの直径20センチくらいの鉢に植えたものを、地面に埋め込んであります。
ずっと、小さな鉢植えだったものを昨年譲り受けたので、まだ生い茂るところまで育っていません。
1週間ほど前のことです。
地際から、元気なシュートがすくっと伸びて、1メートルくらいに
なったので、そろそろトレリスに結びつけようと思っていた矢先、
突然、ふにゃっとしおれてしまいました。
このところ雨は降っていませんでしたが、他の葉の状態もよく、乾いているようには見えなかったので、水やりもしていませんでした。シュートは、まだ茎も葉もやわらかいので影響が出やすいのかと、あわてて水をやりました。
霧吹きで葉水もしてみましたが復活せず、日に日に、ぐにゃぐにゃ〜としおれる一方なので、もうだめだと思います。
よく観察しましたが、虫もみつかりませんし、他の葉や茎は異常ありません。
何か原因があるのでしょうか?あるいは、よくあることなのでしょうか?教えてください。

リトっぷ 【九州】 2009/10/26(月) 13:56:48
こんにちは,
思い当たる節が2つあります。
>素焼きの直径20センチくらいの鉢に植えたものを、地面に埋め込んであります。

根域制限の効果(影響)の可能性。
根が伸びるのを抑える為に狭い(土)場所で栽培すると成長を抑制する事が出来ます。
これにより強いシュート=勢いの良い直根が成長出来ずに担当部所を放棄したのかも。
おそらく開放するとトレリスだとあっという間に覆われると思います。(と言っても2〜3年位)
出来れば建築資材の波板などで50cmの円形に深さ60cm以上で囲むとトレリスクラスかなと…(肥料はあげないで下さい)

もう1つはネキリムシの食害
晩夏から秋にかけて産卵した幼虫が孵化し体重が増え症状が現れた。←これだと別の部位にも後々出そうです。
モッコウバラは常緑ツル性なので正しい植え替え時期は分かりませんが根鉢を崩さなければ時期の良し悪しはあるでしょうがいつでも大丈夫かと思います。(ちょうど鉢に植え付けた状態ですし根鉢も確認可能かと)

ちょび子 2009/10/27(火) 12:21:49
[[解決]]
リトップ様、ありがとうございます。
根域制限の効果というお話、すごく納得です。モッコウバラは、すごく大きくなるよ〜と譲り受けたとき聞いていたので、鉢ごと埋め込む方法をとりました。とはいえ、まだ全然トレリスを覆ってくれていないので、早く大きくならないかな・・・と、勝手なことを。直径20cmの鉢ではいかにも小さすぎたのかもしれません。
シュートが、枯れることが続くようなら、波板で囲う方法やもう少し大きい鉢に変えることも考えてみます。
ネキリムシも、そのときチェックしてみます。
ありがとうございました。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター