ピエール・ド・ロンサール

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ぐうぐう 2008/11/12(水) 07:42:09
かわいいピンクの花に惹かれてピエール・ド・ロンサールをどうしても育てたくなりました。

ただ庭がないので鉢植えで育てることになります。
いままでバラを育てた経験をありません。

つるバラは鉢での栽培は難しいでしょうか?
もしピエール・ド・ロンサールを鉢で育てられるならどんなことに注意すればいいのでしようか?
教えてください。

せん 2008/11/12(水) 11:26:14
わたしなら、ピエールに似た木立性のバラを探すことから始めます…。
広い場所がなく、初めてのバラ栽培で大きくなるツルバラから始めると、扱いだけでイヤになると思いますよ。
バラの品種は本当に多くて、私も素敵だなと思うけど大きすぎるものがあった場合、自分が育てられる大きさのもので似たものを探すようにしています。もちろん、ピエール・ド・ロンサールは他にはない魅力があるのは充分分かりますが、数メートル伸びるツルを鉢栽培で育てることを考えると、後が大変というか。植替えも2年に一度は最低でも行うことを考えると、手ごろなサイズ(せいぜい1.5mくらい)の株から育ててみてはいかがでしょうか?やってやれないことはありませんが、地植えにして伸び伸びと育てたものと比べると、見劣りすると思います。
はじめてバラを育てたいという方が、まずあげるのがピエールですね。こちらの過去ログにもたくさんあるので見てみてはいかがでしょうか。それだけ、誰からも愛されるバラなんでしょうね。

探せば似たものはたくさんあると思いますが、我が家にあるものでは雰囲気としてなんとなく似ているものは(オールドタッチ・コロンとしている・うっすらとピンクがさす)、マダムフィガロというバラです。「マダムフィガロ バラ」で検索してみてください。検索した画像ではあまり美しいものがないのですが、ソフトボール大のまん丸の花がつきます。香りは中香程度(強香としているショップもありますが、これ以上に強香のものがたくさんあるので、中くらいとします)。病気にも強く、初心者でも育てやすいと思います。あとは、オールドローズの中から探してみるのもよいかもしれません。

せん 2008/11/12(水) 11:54:32
過去ログ検索をしたら、このような記事がありました。
http://botany.cool.ne.jp/wwwlngb.cgi?print+200805/08050150.txt

試行錯誤でこの品種の鉢栽培をみなさん試みておられます。
私なら…そのまま8〜10号くらいの鉢でも伸び伸び育つ品種を考えますが、参考までに。

ぶるこ 【甲信越】 2008/11/12(水) 16:48:22
ぐうぐうさん、こんにちは。
私なら、ということで申しますと
ピエール・ド・ロンサールを鉢で管理しちゃいますね。
気になったものとか、気に入ったものを育てるのに越したことはありませんから。
鉢も薔薇は深く根を張るので専用の鉢か菊用の鉢で
届く(購入する)サイズにも寄りますが、10号くらいの鉢で管理すればよいと思います。

ぐうぐう 2008/11/12(水) 20:35:53
せんさん、ぶるこさん、いろいろ教えていただきありがとうございます。

はじめてバラを育てるのに無謀だと思いますが、どうしても育てたいので大苗を購入しようと思います。

大苗をはじめから10号鉢に植えていいのでしょうか?

けみか 2008/11/13(木) 09:02:42
私は、四季咲きタイプのピエールを購入しました。新種だそうです。

9月に購入したのですが、今年の秋はまだ咲きませんでした。活発に
伸びているという感じがしないので、もしかすると難しいタイプ
なのかもしれません。他のバラは順調に育っているので、自分の
やり方が間違っているということはないと信じてますが・・・。

鉢は、8号か10号が適当だと思います。根の大きさによるのではない
でしょうか。最初はあまり大きくない鉢のほうが根にとっては好ま
しいのですが、根が発達していて、入らないことがあります。

n'Guin 2008/11/13(木) 10:16:21
みなさん、こんにちは。

過去ログで、小さい鉢でピェールの挿し木苗を育てている n'Guin です。 今年は朝顔のあんどんで大丈夫なぐらいだった苗も、ずいぶんシュートが伸びて、1メートルぐらいになりました。 この冬に7〜8号に植え替えて、少し大きなあんどんに換えようと思っています。

太めのシュートは薬指ぐらいの太さになっており、来年はしっかりした支柱が必要そうですが、ピェールは地植えの経験から、太さの割に充分にしなることがわかっているので、あんまり心配していません。 2回か3回にわけて誘引すれば大丈夫だと思っています。

6号で、この大きさなので、水やりは現在でも2日に1回必要です。
大変なのは日頃の管理だと思います。

ご参考まで。

せん 2008/11/13(木) 11:44:07
どうしても、ということであれば…。
先にも書きましたが、過去ログにはバラの中でも特にピエール・ド・ロンサールに関する質問は飛びぬけて多いと思いますので、まずは、ブラウザの戻るではなく、このページの上にある【戻る】で、戻り、過去ログ検索で「ピエール」と入力してみてください。

↓【つるばらを大きくする時の鉢サイズは?】
http://botany.cool.ne.jp/wwwlngb.cgi?print+200708/07080081.txt
このほかにも、シュートについてなど、参考になる質問が多数出てくると思います。

また、ツルバラって、どんなもの?というのならまずはこちらから。
↓村田ばら園 ツルバラといえばこちら。著書も参考になります。
ぜひ、ネットではなく本でしっかりとばらについて知ることも必要かと思います。
http://muratabaraen.jp/mb-top-frame01.htm
「バラと暮らす」の項目を一通り目を通して、バラの性質を知っておく必要もあると思います。

育つ環境、地域、日当たり、個人のクセが違えば、おのずとバラに現れてきますので、書き込みながら私が言うのもなんですが、ネットの情報は、ふ〜ん、こういう考えも有るんだな程度に留め、本で勉強されるのが一番です。

ぐうぐう 2008/11/14(金) 20:02:51
[[解決]]
皆様、ありがとうございます。
ピエール・ド・ロンサールを鉢植えで育てるのは難しいようですが、皆様のアドバイスや自分でも勉強してきれいな花が見られるように育てたいと思います。

ありがとうございました。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター