クロッカス、花後の花壇について

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ととと 【関東】 2008/05/16(金) 14:29:14
昨年クロッカスを毎年咲かせたい、と思い30球ほど東庭にまとめて地植えしました。
きれいに咲いてくれて、現在は葉がかれてきて地上部がなくなりつつあります。
地上部がなくなって、花壇がさびしくなってしまい、夏にむけてどうしようか悩んでいます。
球根は植えっぱなしにしておくつもりでしたので、地上部がなくなったからといって
その上に種をまくことはできませんよね…
やはり球根を堀り上てから、何か植えるなり種まきしたほうがよいですか?
球根にとっては、植えっぱなしにしておくのと、掘り上げるのとでは
どちらが負担が少ないのでしょうか?
ちなみに他の花壇では、日々草やマリーゴールドを植える予定です。

本当に初心者な質問でお恥ずかしいのですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

たちつ 【近畿】 2008/05/16(金) 22:35:49

私は、どの球根も植えっぱなしですよ。
その理由。
次回の植え付け時を忘れる。忘れないにしても、植え付け適期が日伸びする。紛失する。カビや虫食いになる。・・・・面倒。
欠陥。 植えつけた場所を忘れる。スコップで切り刻む。ダリアなどは、芽が沢山出過ぎる。後植えの草花が終わって、引き抜くときに球根も掘り出される。・・・・兎にも角 名札を差し込んで置く・明示が大切なものです。

クロッカスの習性。
親球根を植える →花が咲き葉が枯れる →親球根は死滅して、子供球根ができる。 →子供球根が肥大し、来年の蕾の下地細胞ができて、休眠する。 →翌年に寝ざめて花が咲く。

花が咲けば、親球根は死滅する。子供球根は小さくてもほとんどの球根には、花は咲く。 買った時のように大きな球根にはならない。しかし花は普通の大きさで咲く。

このようなイメージ。


ととと 2008/05/17(土) 20:19:46
たちつさま

ご返答のほど、ありがとうございました!
やはり球根は植えっぱなしにして、来年の開花を楽しみにしておきます。
初めて植える植物は、花の様子もですが、花後どのようになるかも想像して植えないと
いけませんね…
ご近所で時期をずらして次から次へといろんな種類の花(宿根草?)が咲くお宅があります。
我が家もそんな感じになるといなあ、と思っています。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター