花丈が低いシクラメンを

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

じゅんいちろう 【九州】 2008/03/09(日) 10:29:23
昨年はやっとのことで夏越しに成功したのですが、冬に乾燥させてしまい、残念ながら枯れてしまいました。
今年は底面給水鉢のシクラメンを購入し、底面の水が無くなったら段階で、その都度液肥(N:P:K=6:10:5)をやっており、ガラス越しに日を当てています。
質問は、購入後出てきた花の背丈が低く、葉と同じ高さや、直ぐ上で咲いたり、葉の陰でそのまま萎んでしまったりしています。
(購入時の花は、通常通り葉の上で立派に咲いていました。)
理由としては、葉が茂りすぎて花芽に日が当らない、液肥のNPK割合などかな?と考えています。
葉の成長が良いため中央部分も茂っており、葉組みだけでは日当たりを取り戻すことは不可能に近い状態です。
素人考えでは、中央部分の葉を引き抜き日当たりを良くする、液肥のNPK割合を変えるなどがあるかと思っていますが。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

リトっぷ 【九州】 2008/03/10(月) 01:30:23
こんばんは、アドバイスと言うか,提案と言うか…ヒント?
@葉が繁る=栄養成長が盛んでシクラメンの花芽分化条件を知る必要がある。
A硝子越しの光り⇒室内管理⇒耐寒性のある品種の場合(例えば前回栽培していた品種と違うなど)温度による花茎の長さが影響を受ける可能性
栄養成長と生殖成長は真逆の成長で葉になる組織を花芽に変化させるのは周囲の環境である。多肥で根塊が肥大するチャンスと思えば花を咲かせるより葉を作り身体を丈夫にし悪条件に備える。
ミカンやカキなどは着いた花芽を体力が無いと自ら落とす生理落花が起きる。シクラメンの花芽は1葉に1花とも言われ絶えず花芽は淘汰されていると思う…実際に数えていないので憶測です。f^_^;
詳しい方のレスもご参考にされて下さいね。

ぽー 【関東】 2008/03/10(月) 04:12:42
こんばんは。
シクラメンの花茎が短くなる原因はいくつかあるようですが、生産者さんに以前聞いたのは「多肥と高温」が主な原因だそうです。どちらか一方でもなりやすいが、2つがあわさるとより顕著になるとか。
じゅんいちろうさんのシクラメン、これ当てはまっていませんか?

温度はガラス超しということなので、もしかしたら高温の時間帯が長いかもしれませんね。
それと肥料。水やりのつど、液肥をやっているということですが、具体的には何日おきぐらいに、何倍に薄めた液肥をやっているのでしょう。
通常よりごく薄いもの(たとえば3000倍とか4000倍)なら、水がわりにやるのもアリかなと思いますが、1000倍とか2000倍の液肥を水がわりに与えるのは、いくら「肥料大好き」のシクラメンとはいえ、少し多すぎる気がします。
葉っぱがやたら増えるのも、多肥の影響ではないでしょうか。
なお、液肥のNPK比は、シクラメンの肥料としては問題ないと思います。

それと、
>葉が茂りすぎて花芽に日が当らない
これも関係あるかもしれませんね。
葉組みしただけでは間に合わないようなら、リングを株の中心に置いて葉茎を外に広げ、蕾に光が当たるようにしてはどうでしょう?
リングは適当なサイズのものなら何でもいいので、工夫してみてください。(たとえばセロテープの芯にビニールテープを巻いたものなど)

参考過去ログ
http://botany.cool.ne.jp/wwwlngb.cgi?print+200712/07120018.txt

じゅんいちろう 【九州】 2008/03/10(月) 19:50:59
[[解決]]
リトっぷ様、ぽー様 アドバイス有り難うございます。

お二人が指摘されているとおり、「多肥と高温」が原因だと思います。
肥料はについては、底面吸水鉢の水がなくなると、約2000倍の液肥をやっていました。(多い時は週二回ほど)
また、温度関係については、昨日ガラス越しに日をあてていたら、夕方には少し萎れていたようです。
まさに、お二人が言われたとおりの状況でした。

少しでも多くの花をと思ってやっていたことが、シクラメンにとってはマイナスに作用していたのですね。(根塊が肥大を除き)

今日から、アドバイスいただいたとおり、育てていきたいと思います。
アドバイス有り難うございました。

リトっぷ 【九州】 2008/03/10(月) 20:14:05
解決してますが追加にて…
花用液肥を多用していますと,特に底面給水だと肥料を固定化している塩基成分が鉢の外に流れずに表面が白くなる場合があります。時折多めの水で用土を洗い流す様に水やりをして下さい。d('^#)

じゅんいちろう 【九州】 2008/03/11(火) 22:50:44
[[解決]]
リトっぷ様。

月に1回程度、鉢土の表面から水遣りを行うということですね。
底面の状況だけに注意していましたので、大変参考になりました。

詳しく説明いただき有り難うございました。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター