沈丁花の垣根の作り方を教えてください。

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

サカモト 【関東】 2007/04/18(水) 13:07:07
先日沈丁花の苗木を赤6本と白5本購入しました。垣根をつくりたいとお店の人に言ったら20cm間隔で植えるといいと言ってくれたのでそうしたのですが、沈丁花ってけっこう丸く大きく育つイメージがあるので、きれいに形ができるのか心配です。大丈夫なもんでしょうか?

たちつ 【近畿】 2007/04/18(水) 14:50:28

沈丁花は、大苗の移植を嫌いますから、最初の土作りが大切です。
土を深さ50cm掘って、腐葉土を3割りほど混ぜて、埋め戻し植えつける。垣根ですから、幅・深さ50cmX数メートルの溝を掘り返すことになる。別に其処までしなくても良い事ですが、将来の突然死・生育不良を
考えれば、しんどくても掘り返すほうが良い。草花と違って樹木は、一度植えれば、2度と掘り返すことは無いし、現実的に不可能なことです。

将来の拡張成長性を考えて、60-80cm間隔が良い(60-100cmの円になる。)
出来れば、一直線に植えるより、W状千鳥に植えたほうが良い。
というのは、強く刈り込むと、萌芽力が弱いので、茎だけの骨衛門となり勝ちです。
本来は、垣根というより、スボット植え向きの低木花樹です。

大きく育つまでは、とりあえず、隙間にサツキでも植えておいて、将来
には、サツキを引き抜いてしまえばよい。
サツキにしても、ジンチョウゲにしても、挿し木が出来るので、それで
一時しのぎすればよいかもね。

植えつければ、表土に腐葉土などでマルチングして、乾燥・真夏の陽射しや冬の凍結に備えた方が望ましい。

一番難儀なのが、垣根というものは、案外無頓着のほったらかしになり勝ちで、かなり傷んでから どうしょうか と慌てる事になる。
せいぜい鬱陶しくなったので、バッサリと剪定してお仕舞い。
それでは、余りにもかわいそうなので、
花壇や鉢植えと同じくらい、面倒を見てあげてください。
3-5年経たないと、垣根らしくはならないものです。気をながぁ〜く面倒を見てあげてください。

剪定は、飛び枝とか、傷んだ枝を切る程度に、軽く摘む。
と考えます。



この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター