オールドローズの花の覆輪が消えてしまった

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

マミマミ 2004/10/26(火) 15:19:30
 植えて4年目の「バロン・ジロー・ドゥ・ラン」の花に白い縁取りが入らなくなってしまいました。
 もともと季節によって花色が変化するため、常にきれいに覆輪が入っていたわけではありませんが,今年は春から一花も覆輪が入らず、真紅のバラの様になってしまっています。この夏の猛暑のせいでしょうか?
 日頃は、剪定の仕方のみ他のオールドローズにならい、施肥・散水は通常のHTやフロリバンダと同様に行っています。ただ草丈を4mまで伸ばすわけにはいかないので、2m以内にとどめています。日当たりは庭の東南なので良好です。
 何とか来年は美しい覆輪を復活させたいので、是非管理の仕方をアドバイスして下さい。

犬塚信乃 2004/10/26(火) 17:06:48
マミマミさん、こんにちは。
我が家のバロン・ジロー・ドゥ・ランも秋の花には白の縁取りが消えていました。
やはり、蕾の形成期の高温が良くなかったのだと思います。
春の花にしても、なかなか綺麗に発現しなくてなかなか気難しいバラだな〜
と感じます。
バロン・・・に良く似たのにロジャー・ランベリンというのがありますが
こちらはより強健で、縁取りの白がはっきりと発現し易いようです。

マミマミ 2004/10/26(火) 19:23:23
[[解決]]
 犬塚信乃様、早速レスを下さいましてありがとうございます。
 やはり猛暑のせいだったのですね。それにしても、犬塚様は春の開花時期には覆輪のある花を咲かせていらっしゃるなんてサスガですね。
 オールドローズには詳しくないので、ロジャー・ランベリンの覆輪が発現しやすいとは知りませんでした。もう我家の庭には植えるスペースがないというのに「この冬はロジャー・ランベリンの苗を買おうかな」などと思ってしまいました。
 取り急ぎ、御礼まで。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

初心者用掲示板@園芸相談センター園芸相談センター