セロジネについて

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

寿限無 2014/07/13(日) 19:19:31
鉢がパンパンになるまでほったらかしにしていたので、昨年株分けをしました。新しいバルブが古いバルブの上へ上へと育っていたため、団子状に伸びたバルブにまた新しい葉芽ができました。
根がありませんが、切って株分けをした方がよいでしょうか

団子状のバルブを切ると葉っぱもない古いバルブだけになりますが、新しい芽は出るでしょうか
よろしくお願いします。

ひろし@小南部 2014/07/14(月) 09:32:16
セロジネで日本国内で出回っているのはインテルメディアとクリスタータとがあると思いますが私はインテルメディアの経験しかありませんがその経験で申し上げます。

インテルメディアの場合バルブは横に横に伸びます。新しい偽球茎(バルブ)が上に登る経験はないのですが、鉢がいっぱいになったのなら新しいバルブ(昨年)に前年(2年前)とその前(3年前)のバルブの3個セットで新しい鉢に植え替えるべきと思います。

蘭科植物で、毎年新しいバルブを作るタイプ(複茎性)のものを株分けする場合、前年できた新しいバルブを基準にバックバルブを2個つけて、全部で3個のバルブをつけたもので新しい鉢に植え替えるのが原則です。この新しいバルブと新芽のほうが大事にされるのが普通で、バック側は新芽が出ても咲けばもうけもの程度の存在のものです。4年前以前のバックバルブでも、葉がまだ残っていて、バルブにあまりしわが寄っていないものが2〜3個あれば問題なくそのバックバルブからも芽吹きますが開花できるバルブに成長できる確率はあまり高くないのです。バックの根根は根腐れさえさせていなければ4年前のバルブにも結構元気な根は残っていると思うのですが、、、生きた根がなくても普通に植えつければ新芽を出して新芽から新根を出して復活できます。

寿限無 2014/07/14(月) 20:03:10
[[解決]]
お答えいただきありがとうございます。

なかなかこの状況を説明するのは難しいもので写真を添付したかったのですが…
品種は「セロジネインターメディア」です。
株分けをする前 鉢の外にバルブが垂れ下がり(団子状)
鉢の中の行き場をなくしたバルブが上に伸びていったというものです。
バックバルブはパンパンなのですが葉はありません。

来春、花は楽しめないかもしれませんが伸びていったものを切って植えていきたいと思います。かなり大きな株だったのでもったいない!とおもってしまいました。”もうけもの”に期待します。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター