どうだんつつじの病気

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

サラサ 【関東】 2013/05/03(金) 15:20:23
ふと気づくと、ドウダンツツジの葉の表面にうす灰色の物質がついていました。一箇所ではなく上部を中心に全体的に広がっています。
葉はまだ元気ですが、少しはりがなくなってきたようです。
何年も薬剤いらずだったので、何なのか分らず困っています。

うどん粉病かなと思ったのですが、バラやサルスベリにもまだ全くうどん粉の気配はなく、みた目ももうどん粉病のように白い粉を吹いた感じではありません。
昨年、夏すぎに葉裏と幹に白い綿状の物が出て、カイガラ虫かなにかの排泄物かとすべて取り除きました。今年はその名残りはありません。
ただ、全体を良く見たところ、幹に一箇所だけ柔らかい泡のようなものがありました。ティッシュでふき取ったところ、中でなにかつぶれたようなので、カイガラムシかなにか生物だったかと思います。
これが何か関係しているでしょうか?
疑われる病気等、どうぞお教え下さい。

たろちゃん 【関東】 2013/05/03(金) 16:04:06

 灰色カビ病ではないでしょうか。

サラサ 2013/05/04(土) 21:04:58
たろちゃんさん ありがとうございます。
ネット上にドウダンの灰色カビ病の写真はみつけられませんでした。
でも、病名と症状の色が一致するので、その可能性が高そうですね。
検索したときベンレートがきくと書いてあったので、早速明日求めて散布しようと思います。

サラサ 2013/05/10(金) 21:54:09
[[解決]]
散布後は広がる様子はなく、現状維持か少し良くなった感じがします。
ありがとうございました。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター