カイガラムシの生死確認

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです


厄介者 【四国】 2013/04/13(土) 23:13:35
2月に石灰硫黄合剤を柿木に散布しましたが
ツノロウカイガラムシを指で潰すと
いまだに赤い汁が出ます
まだ、生きているのでしょうか

ばんざいうさぎ 【北海道】 2013/04/14(日) 14:00:19
おそらくまだ生きてると思います。
カイガラムシは死滅すれば体液が残ったままと言う事はなく、干からびているはずです。

色素に使われるコチニールカイッガラムシというのが外国にいます。日本ではこの色素を使う為に大量に輸入していますが、もちろん採取して乾燥させたものを輸入します。実物は虫の形のままで流通しますから死滅しても乾燥しにくいと言う事は無いと言う事です。

2カ月近く前に死んだものに未だに体液があると言うのは考えにくいので、薬剤の散布が適正で無く効き目が弱かったので生き残っていると言う事でしょうね。

ばんざいうさぎ 2013/04/14(日) 14:03:11
追記
何故か「コチニールカイッガラムシ」と表記されてしまいましたが、もちろん「コチニールカイガラムシ」です。

厄介者 【四国】 2013/04/14(日) 19:14:25
石灰硫黄合剤10培液では、薄いのでしょうか
たっぷり、散布したつもりですが、すこし風がありましたので
付着が不十分だったかもしれません
展着剤(スカッシュ)も併用しました


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです


園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター