百合の球根

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

はる 2012/10/20(土) 08:15:56
庭で百合を育てていますが、三年ぶりに球根を掘りあげてみました。直径15センチほどになっていました。これを半分に割って植え直しても大丈夫でしょうか。ネットなどを観るとそのような栽培方法はありませんがどうでしょうか。

たちつ 【近畿】 2012/10/20(土) 14:06:43

ユリの増やし方とは

 原則 として、球根の中心にある芽が一つなら、分けることができません。芽が2つ以上になれば、ユリ自身が分家とたと言うことになり、株分けしますし、茎葉芽の数だけ生えてきます。

ユリの花数は、一芽の球根の直径に比例して、沢山の蕾が付きますし、茎も太くなる。

例外として、球根の性質を熟知しているのなら、適当に切っても良いし、うろこ状の(鱗片)片ろを外側から丁寧に一枚一枚はがせば鱗片挿しという繁殖方法もあります。
このうろこ状の鱗片は、葉の変形ですから、葉挿しと考えればよい。

適当に斬るとは、横に輪切り状には、切らない。 縦に切って、鱗片が切れたり、傷が付いているものは、丁寧に取り除くこと。 腐るからです。
と言うことは、現実的に、縦に切って分けることはムリな作業です。
自然に2芽以上になる待つことになる。

もう一つの方法は、YS繁殖法といって、新芽が生えてきて、ロゼット状のときに、その最初の新芽を基より丁寧にはずして、その新芽を挿し木すると、新芽にも花が咲くし、球根からも、新しい新芽が生えて、花も咲く。

と言うことで、自然にポロっと外れる程度になるまでは、ムリに分けないほうが良い

このように思いますよ。


キム 【東海】 2012/10/21(日) 19:23:19
半分に割って植え直しは出来ません。

うし 2012/11/14(水) 09:57:27
百合の球根は、1ヶで1茎です。
だから出来ません。ニンニクとかラッキョウと同じです。
しかし、同じ球根から、二つに別れる場合があります。
テッポウ百合などは、分離します。それは出来ますよ。

増やす方法は百合の鱗片を軽く土に差しておけば、球根になります。
また、ムカゴがあれば、それを植えれば大丈夫です。
小さいので、花が咲く迄は年数が掛かりますよ。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター