果樹に肥料は必要ですか

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

すももっち 【四国】 2012/10/17(水) 00:04:11
我が家には、次郎柿、田中びわ、桝井ドーフィン、金柑、すだち、不知火、すもも、もも、ネクタリンなどの果樹がありますが、一度も肥料をやったことがありません。どれも良く実をつけてくれています。あえて
肥料をやる必要があるのでしょうか。窒素が効きすぎると枯れるらしく
怖いです。どの指導書にも肥料をやるように書かれていて迷っています。

たちつ 【近畿】 2012/10/17(水) 10:56:15

肥料とは 施肥の必要性

結論 
心配しなくても、ほとんどの人は、わかっていないですよ。(^_-)-☆
山勘で、習慣的に肥料を与えているだけですよ。
経験があれば未だ救われると言う程度。

従って、与えないヨリ、与えるほうの失敗のほうが多いのが、実情です。

その失敗も何が原因なのかも、よくわからない。

草木の生育不具合が起こってから、あれこれと色々手当てしているのが
実情。結局は、諦めるほうがほとんど。

なにぶん、草木は 言葉が通じないものですから、その表情から人間は、積極的に気配りしなければならない。

優れた営農家は、草木と毎日毎日お話していますし、学者は、どの肥料成分がなにに影響しているのかを実験しています。
巷の群集は、それぞれが、そのときの気分しだいで好き勝手に、解釈して、好き勝手に肥料を施しているだけです。
テキストのほとんども群集心理と同じ、ネットなら、たちが悪く、根拠もなしに、只丸写ししているだけ。

何事も、前提条件が必要ですが、その前提条件を知ろうとしないし、換算もしない。 それ以前に、施肥するに、明確な日時も、量も具体的に書いていない。 すし屋の時価表示のようなもの。 商品に価格が表示されていなければ、いくらですか と聞きそうなものですが(-_-;)

肥料をやらないより、やったほうが良いことですが、やると言うことは、危険なことでもあります。・・・・白紙の紙に実印を押すようなもの。
環境・生育など現状をよく理解して、多からず、少なからずという、しっかりとした、根拠を見極めてから、適期適量を施すことが必要です。
・・・・相手を確認して、契約内容をよく理解して、納得したら、サインすること。 めくら印は良くない。事故ののもと。

私は、基本的には、やるなと言うほうです、 どうしてもやりたければ、極めて少ない目薄い目に、回数多くといいます。
色々な病的・生理的・季節的な変化が、現れてから与えても、遅くないといいます。 自然は、偉大ですよ。 植物の許容範囲は、広いものです。・・・・請求書は、とりあえず捨てる。裁判所の判決が済んでから、支払えばよい。それからでも遅くは無い。 多少は金額は増えますが。(収穫は劣る) 

肥料成分の計算

植物の時々の肥料成分必要量は

土壌含有量-植物の摂取消費量-雨水温度などの自然流失量-肥料成分の無効量
が等しければよい。 不足すれば色々な生育不良が起こる。

上の方程式のすべての数値が、全くわかっていない。・・・請求書の内容が、全くか書かれていない。・・・請求書の金額が書かれていないのに、どうして支払えるのか。あて先の無い手紙は、配達できないし、判読できない文字では、どうしょうもない。
これをいいげんに、処理しているだけ。
ここに、原因がある。

優れた農家は、長年の経験で、 日日の草花の生育状況をみて、直ちに判断できる技量がある。 優れた学者の意見を聞いたとしても、直ちには、動かない。 まずそれぞれの農家で、考え方・学者の成果を換算して、実験して、納得してからの話。 専門の有名なメーカーの言うことすら、鵜呑みにしない。 何年もかけて、納得するまで、何回も説明をきき、更にそれなり実験している。 農家は失敗すれば、明日には、夜逃げしなければならないからです。 ここが、生活の保障されている学者やメーカーとは、異なるし、 遊び心の趣味の会とは、異なる。

人間は、腹がすけば食べる。バイキングは、美味しいものからなくなる。 ここで、植物も腹が減るだろう。 いらなければ食べないだろう
という思い込みが、多肥料につながるし、説得力に尤も、インパクトがアル。
栄養素と栄養物は、異なる。
栄養素(肥料)は材料で、栄養物は植物がつくるもの。 人間は、栄養物を横取りするもの。
家電製品で云えば、電気を肥料とすれば、規定の電気を与えれば、上手く動くし、過大な電圧や電流を流せば、火事になったり、故障する。
と言って、 低い・少なければ、動かない。 理想どおり動くことが、栄養分です。この調節を施肥という。
少なくとも、電気を止めれば、家電製品は、壊れることは無い。
よく状況を判断して、考えてから、適量を流すようにしても、遅くは無い。

このように、思います。

広さ10アール 10m X 10m X 10個 = 300坪(600畳)
深さ30cm(根の深さ 肥料効果の深さ 一尺=手の甲から肘までの長さ 1フィート=足首からヒザまでの長さ)
が前提条件です
換算してください
標準施肥量 P28
http://www.pref.nara.jp/secure/26308/sehikijun.pdf



すももっち 【四国】 2012/10/17(水) 15:35:30
[[解決]]
たちつさん アドバイスありがとうございます。
ついつい、欲を出して施肥の誘惑に取り憑かれるところでした。
たちつさんのアドバイス いろいろ拝見させていただいております。
少し、文が長いですが(失礼)、懇切丁寧でユーモアを交えた的確な
アドバイスにいつも感心しております。今後ともよろしくお願いいたします。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター