アイビー 突然変異

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ナツツバキ 【東海】 2012/05/10(木) 09:00:47
斑入りのアイビーが突然変異なのか一部分だけで真っ白な葉になりました。
そこの株をだけを植え替えましたが、このまま維持出来るのでしょうか?
もし可能性が有るのならどうしたら良いのでしょうか?
アドバイスお願いします。

えぽ 2012/05/10(木) 16:44:12
これから出てくる葉もずっとまっ白であれば突然変異による新種になると思いますが、おそらく、単なるバリエーションだと思います。
同じ株でも斑の入り方は葉によって様々で、斑の入っている葉でまったく同じ模様のものは2つとないはずです。
まっ白の葉には葉緑素がほとんどないため、強い光線が長く当たると葉焼けを起こしてその葉が枯れてしまうこともあります。

斑入り品種を育てていれば、まっ白の葉が何枚も続けて出てくることは普通にあると思いますので、このまま緑の入った斑入り葉が出てくるのを待っていていいと思います。緑の葉が出てくれば問題なく維持できます。
斑入りの品種の場合はそうでない品種より多少生長が緩慢になると思われますが。

ばんざいうさぎ 【北海道】 2012/05/11(金) 00:30:24
斑入り葉の株から真っ白なのが出たのは、「うぶ斑」とか「幽霊斑」とか言われるもので、葉に葉緑素が無い状態です。
普通他の植物でそれが出ても、他の正常な緑の葉や普通の斑模様の部分とくっついたままであれば、そちらの葉緑素のある部分から養分をもらってしばらくは生きられますが、真っ白な葉しかない部分だけを植え替えて独立させても生き延びられない事が多いです。
アイビー自体はとても丈夫な植物ですが、うぶ斑だけだと養分が明らかに足りないので短命かもしれません。
アイビーの葉の形や斑の模様の出方は時に元の株とは明らかに変わる事があり、これは「枝変わり」と呼ばれ、これが違う品種として扱われる事も多いです。

ちなみに斑入り個体の場合は、正常な緑一色の個体よりも少し日陰の環境を好みますね。

たちつ 【近畿】 2012/05/11(金) 00:49:53

アルビノといって、このサイトの管理人がお気に入りです。
簡単な話、葉の色たる光合成色素が、何らかの原因で、育たなかったのでしょうね。
遺伝子情報の欠落。大抵は、生存できないので、消滅してしまいますが
何らかの手段で、各部に、エネルギーの供給さえ円滑に行えれば、生存し続けます。 その供給システムが、子孫まで、持続できれば、再現できるので、新種と言うことになる。 その都度変化したり、なくなったりすれば、只単なる奇形キメラ扱い。
再現性と持続性が安定していることが、条件です。
その価値は、栽培者や社会が判断することです。
品種登録は、何でも、屁理屈を書いて、登録料さえ払えばできます。
決定するかどうかは、誰もモンクを言ってこなければ、それでよい。
自動認可。 なにぶん 文化技術の維持発展の為という大儀は、昔のことで、今は、天下りの資金源ですから、品質より量=金集めが大切です。
簡単な話 超頭脳集団大学の入試でも、秋に入学に代わったのは? 椅子盗り合戦。 大臣の外遊も椅子盗り合戦。 世界的に観て、役にも立たない功績も無い猿が、何しにきたんやという屈辱には、エリートとしては耐えられない。 と言って、実績も作れないし、予算削減で銭もないし、努力の仕方も解らないし、貧乏人がこられても困るとして、篩いにかけだした一つの形態。その根拠は、先日の訪米でも相手にされなかった。 金とお土産で、写真の位置を買っていた。大統領隣かどうか。
大学なら、握手してくれるかテーブルが同じか、発言できるかどうかは、金次第。対日本人だけにたいしてのはなし。
そこで、損さんの実力は、外交友好関係にあると考えて、留学生を取り込もうと考えた作戦。 ところが、頭と尻尾では、時間的なひずみがある。 とにかく、登録許認可の専売と資格試験の独占で金集めしましょうというのが、天下りの考え方。 逆らったらつぶしてしまえばよいと言うのが、漢字検定つぶしとか年金基金問題。
特許も同じ。 ISOも同じ。 世界会議もどうでも良い会議ばっかりしか日本で開催されていない。それでもか開催できたとおおげさすぎる過大広報している。欧米の大物スターでも、昔は沖縄まで来ても、東京には来なかった。金も知識も無い、猿相手にはできないと言うスターたるプライドが許さないのが其の理由。其の慣習を崩したのがたしかビートルズだったと思う。 その後にはアランドロンかもね。唯一日本を日本と理解していたのが、トルコと南アフリカだったと思う。

と言うことで、価値観は栽培者が決めるもの。
安定性は、不明。 多分只の一過性の模様で終わると思う。
ところで、アイビーってなに (・・? ヘデラ? ゼラニューム?

私も、以前に、ノースポールの斑入りを発現したことがあったのですが、余り価値がないようなので、途中でやめた。
http://www.asahicom.jp/national/update/0414/images/t_SEB201204140008.jpg
http://1212hot.cocolog-nifty.com/blog/images/2008/05/08/scimg8365.jpg
このようなものが安定するのなら考えても良いかも知れない。
おもしろい。



この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター