モッコウバラの鉢仕立ての剪定

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

武男 【中国】 2012/05/02(水) 02:28:40
モッコウバラを鉢仕立てであんどんに絡ませて咲かせたいと思っています。
調べてみると、今年伸びた枝に8,9月に花芽が付くと書いてあったのですが
という事は、株元の方までみっちり咲かせたいのであれば
今ある枝は花後にかなり短めに切り戻して、下の方から新しい枝を生えるようにするのでしょうか?
そのひと夏伸びた枝を、冬に横方向に誘引すればいいんですよね?

鉢仕立ての為の、花後の剪定の仕方を教えてください。
去年買った小さなポット苗をそのままにしていたので、株自体はほとんど大きくなっていない状態です。6号鉢に植えつけました。

ラブリー 2012/05/02(水) 15:02:15
去年小さなポット苗で購入でしたら、まだ剪定は必要ないと思います。
特にびっしりと咲かせたいのであれば、幼苗のときは放置がいいです。

邪魔な太いシュートが出てきたときか、古くなったて花付きが悪くなったときなどは、根元からその枝を取り除きます。
枝を落とすときは、根元からです。
途中で切ってしまうと、そこから枝が出て暴れます。
古い枝を更新したい場合は、その枝からでている新しいシュートを残して古い部分をカットし、それを更新枝とします。

ちなみに私はあえて太いシュートを待望しています^^
まっすぐ伸びた強い枝を使って、スタンダード仕立てを作りたいので。
しかし、あんどん仕立てにはそのシュートは不向きです。
太すぎて行灯に誘引しにくいので。

ラブリー 2012/05/02(水) 15:28:29
誘引のことを書き忘れました。
冬の植え替えと同時に誘引します。
それまでは、まっすぐ長く上に伸ばしてください。

まだ芽が動いていない寒い時期に、らせん状にぐるりと行灯を一周させます。ツルがあまるほど長い場合は、上に上って更に降りて、違うツルを抑えるように工夫しながら巻いていきます。
螺旋の傾きは、できるだけ緩やかなほうがいいです。
芽から葉っぱが茂ることを考えながら、行灯に均等になるよう枝を巻きつけてください。
最初は園芸用のクリップなどで仮止めをしながら巻いていき、最終的に固定が必要なところを何箇所か麻紐やワイヤーなどでとめるといいです。

ひとつ、幼苗に向く仕立て方を。
手で形を変えられる支柱、あるいはペンチで曲げるほど硬めの針金を用意して、円形の支柱を作ります。
そう、リース仕立てです。
http://plaza.rakuten.co.jp/toyozane/diary/201203280000/
こんな感じ。
ツルの長さに応じた径がいいですが、使いやすいところで30センチ〜40センチほどでしょうか。
モッコウは成長するにしたがって枝が太く量も多くなりますので、この手の仕立てにはむかなくなります。
我が家では今年は安曇野(モッコウと同じく成長するとシュートが太くなります)を購入し、行灯にするには枝数が少なく、枝も細いので、リース仕立てにしてあります。
可愛らしく茂っていて、蕾もあがってきましたよ。

武男 2012/05/03(木) 09:45:18
ラブリーさん、ご返答ありがとうございました。
これからの成長期には、支柱を立てて長尺苗のように上に上に育てていきますね。

幾つか質問があります。
>ツルがあまるほど長い場合は、上にのぼって更に降りて・・・
「降りて」というのは、ツルを一旦上まで巻きつけて、その後下方向に巻きつけても大丈夫なんですか?下方向になると、成長が出来ずに枯れる事はないですか?

>螺旋の傾きは、できるだけ緩やかなほうがいい・・・
「緩やか」というのは、あまり横にしすぎないという意味ですか?それとも縦にし過ぎないという意味ですか?
出来るだけ横に誘引した方が花つきが良くなると聞いたことがあるんですが、横に横に誘引した方がいいんですよね?

ラブリー 2012/05/03(木) 14:59:05
背の高いオベリスクや壁誘引ではなく、行灯ですから、ツルはどうやってもあまります。
ぐるぐると斜め上方に誘引するわけですが、斜めの角度を急に巻きつけるとあっというまに天辺まできてしまいますよね?
なので、真横より少し上方向に斜め誘引です。

どんなに密に巻きつけても、行灯の上まで来たときにツルが余ってしまうかと思うのですが、そこでツルを切ってしまうと、せっかくの行灯からはみ出て強くシュートが出てしまいます。
なので、天辺まで行ってしまうと、これまで巻いたツルを抑えるように斜め下方に誘引していきます。
それで枯れるような弱い性質ではないので大丈夫ですよ!
モッコウはランブラーなので、上から枝垂れさせるように咲かせることができます。斜め下方誘引で花芽がつかなくなることはありません。

モッコウバラは大型になるバラです。
いくら今は小苗でも、来年には大きな鉢(10号ぐらい?)に植え替えないと弱ってきます。(強く根を切り詰めて、盆栽のように小さく仕立てるのなら別ですが・・・)
こじんまりと仕立てられるのは今だけなので、ぜひとも楽しんでくださいね!

たちつ 【近畿】 2012/05/03(木) 17:45:07

モッコウバラを長く大きくしたら、きりがない程伸びる。10m近く伸びる。
そこで、今咲いている花が、どのような状態で、どこに咲いているか、
その花茎は、どの程度の太さ・長さなのかをよく観察して、
そのような花蔓を多く出させるように、切り捨てればよい。

モッコウバラは、今の時期に開花する一期咲きで、これから新芽が茂って、夏に来年の蕾細胞が作られる。
又、蔓は垂直より、水平のほうが、花芽が育ちやすいので、普段は水平とかしだれさせて、株元に近い場所に花蔓を出させ、夏以後に切って、格好良くコンパクトに仕立てる。
夏以後に斬るということは、来春の花がどこに咲くかを確実に、見極めないと花が無いということになる。

初心者なら、最初の一年は、延ばし放題にして、蔓は水平とかしだれさせて来年には、そのまま咲かせ、観察したら、来年の剪定は、より確実となるかもね。
キーポイントは、花蔓は短い。 どこでいつ斬れば、自分の好みに合うかを探すことです。斬る時期が、早すぎれば、長くなるし、遅すぎれば、花がないしと言うことです。
概ね、モッコウバラは、鬱蒼と育てて、真っ白とか真っ黄色に咲かせるべきの薔薇です。 鉢植えには余り向かないつる薔薇と思う。

慣れれば、花蔓を選んで、秋に挿し木し、寄せ植えするとかもできるかも。・・・使い捨て感覚。

茎を太くし、老化させるとか。

このように思います。



この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター