ライラックの接ぎ木の切除

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ひろばぁば 【関東】 2012/03/28(水) 10:12:00
 庭植えでライラックを育てて3年目。1年目は花が良く咲きました。2年目、花の色が白くなり、接ぎ木のイボタノキが急成長、見る見るうちに150p位の木になり白い花が咲きました。 昨年の10月季節はずれにライラック本来の紫色の花が1つ咲きました。現在両方に新芽が出ています。
イボタノキは切っても良いのでしょうか。もう手遅れでしょうか。

ハシモト 【関東】 [URL:http://blog.sun-plants.net/] 2012/03/28(水) 13:38:20
ライラックを残したいならば、なるべく早くイボタノキは切った方が良いです。
台木のイボタノキの方の勢いが強いので、そのままにしておくとライラックが枯れてしまう場合が多いです。
地面から生えてくるヒコバエも同様に早めに切断した方が良いです。

サッチー 2012/03/28(水) 13:38:32
台木を育てたいなら別ですが、見つけ次第すみやかに刈ってしまうべきものです。
まだライラックの芽があるうちにどうぞ。
そのうち台のほうが優勢になって、ライラックは枯れてしまうと思われます。

ひろばぁば 2012/03/29(木) 13:52:40
[[解決]]
ハシモト様 ご回答ありがとうございます。
サッチー様 ご回答ありがとうございます。
早速実行いたします。もっと早くこちらに相談すればよかったと・・。ライラックが沢山の花を咲かせてくれるのを楽しみに育てます。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター