クレマチスとアリッサムを花壇に植えたのですが・・・

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ナナすけ 【関東】 2011/03/09(水) 09:25:10
ガラだらけの庭を50センチ位掘って、花壇の土と鹿沼土、牛糞、化成肥料、を混ぜてすぐにクレマチスとクレマチスの根元を保護するために、アリッサムを植えました。
土が足りなかったのでホームセンターで土を買う時に聞いたら、土はアルカリ性にしないと駄目だめで、鹿沼土や化成肥料は逆に良くないと言われ、赤玉土とか腐葉土を入れなくてはいけないと言われました。化成肥料はもし使うなら、混ぜてすぐには使わず寝かせておかないといけないと言われました。

PCで調べたら、クレマチスは弱酸性〜中性で、アリッサムはアルカリ性の土と書いてありました。
今更、掘り返せないしどうしたら良いのでしょうか?

どなたか、良いアドバイスをお願い致します!!

たちつ 【近畿】 2011/03/11(金) 00:28:02

>庭を50センチ位掘って
>花壇の土と鹿沼土
>アリッサムを植えました
私は、アリッサムに対して、あまり興味がないので、栽培したことがありませんが、PHに対して、そないに敏感な草花とは、考えられない。
鹿沼土の使用が直接の原因で、枯れる・育たない・貧相に育ってしまう
という意味では考えられない。
どちらかと言えば、肥料過多による影響を心配する。
アリッサムが期待通りに育たないならば、クレマチスも同様に育つ状態となり、そうなれば、肥料過多が原因かもしれない。
いずれにしても、庭植えなので、そないに貧相になるとは思えないことを祈る。
化成肥料も、牛糞も、安くて量も多く、尚且つ保管に困るので、狭く小さい穴に(掘るのが・攪拌するのが面倒という横着心)、全部混ぜ込んだのなら、問題ですが・・・・この場合は、施肥とは言えずに、投げ捨てたというほうが適語かもね。

今更面倒なので、私なら、そのままにしておく。

どうしても心配なら、未だ苗も小さいと考えますから、引き抜いて、10-20cm程度の穴をほり、赤玉土と腐葉土の混合土とか、花壇の土などを敷いて、再び植えつければ、良いかも。この新たに掘った穴を植木鉢と考える方法。
尚、花壇の土には、安価な肥料が混ぜ込んであるのが一般的です。
従って、改めて、肥料を追加する必要はない。もし肥料を混ぜるのなら、追肥感覚で十分です。花壇の土の欠陥は、土質が懲りすぎているので(良すぎる?)、単用せずに、腐葉土とみなして、普通の庭土とか畑土と半々に混ぜ込んで、使用するのが私流の考えです。


おせっかい 2011/03/11(金) 19:53:20
たちつさんの言われるようにアリッサムは丈夫ですよ。
神経質になる事もないでしょう。
クレマチスも(高山系とかでない)普通のものなら、私ならどちらもそのままにしておきます。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター