チューリップの球根の植え方

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです


加奈子 【近畿】 2009/11/04(水) 19:59:26
チューリップの球根を植える時、茶色の皮を剥がして植えたほうがよいと聞いたことがあるのですが本当でしょうか?

こうちゃん 【関東】 2009/11/04(水) 20:08:11
 こんばんわ。
 皮は、剥がしても剥がさなくても、どちらでもよいです。土中の水分で皮がふやけて、柔らかくなり、根が出ますので。

ぶるこ 【甲信越】 2009/11/06(金) 20:55:31
こんばんは。
この皮を向くか否か。
専門家によって意見が分かれますよね。
どちらが良くて、どちらが悪いのか。
ただ、球根が腐っていないか
傷が無いかどうかが分かれば良いように思います。

あさと 【近畿】 2009/11/07(土) 10:50:11
チューリップの皮をむくのはメリットもデメリットもあります。

<メリット>
皮が結構堅いので、
促成栽培で栽培期間が短かったり、
球根の力が弱かったり(品種特性、保存状態が悪い、小さい)、
生育初期の土が乾燥気味過ぎたり(鉢栽培で排水いい土で水やり不足)
すると、皮から根が出られずに皮の中でとぐろを巻いてしまい、生育が悪くなる時があります。
こういう場合は、根の出るところだけでも皮をむいてやると根が出やすくなって生育アップします。
プロ農家の場合、促成栽培や品種などで無理をさせることが多いので、皮むきは重要な仕事になっています。ぶるこさんがおっしゃるように、球根のチェックや、皮がかびたりしていれば取り除くことで病気発生しにくくなるメリットもあります。

<デメリット>
皮をむく時に傷を付けてしまうと、そこから病気になることがあります。むく時大丈夫でも、むいた無防備な球根を土に押し込んで植えたりすると傷が付きます。根の出るところは特にデリケートです。

普通の春咲き栽培で、植え付け後しばらくは乾かしすぎないように管理できれば特にむかなくてもいいのではと思います。

私の場合、今年は知り合いとの共同購入で買った12月咲き冷蔵球を排水の良い土に植えたので、初めて皮をむきました(^^)


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです


園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター