百日紅の枝がぽろぽろ落ちる

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

かつみ 【関東】 2009/06/06(土) 16:06:16
今年芽吹き20〜30cm程度に成長した枝が、付け根からもげて落ちてしまいます、風で枝が揺れても、軽くゆすってもぽろぽろ落ち、全滅です。折れ口は、芽生えた枝の幹への接合部分から、きれいに剥がれる様に分離しており、折れ口に害虫などが居る様には見えません。植えて2年目(2m程度)で、昨年はカイガラムシにやられ全滅、今年も新芽の出た段階でやはり虫が発生したので、市販の農薬を2回噴霧し、拡大を抑えられたと考えていたのですが、原因と対策をお教え下さい。

植木屋 園主 [URL:http://green.ap.teacup.com/oujien/] 2009/06/07(日) 23:24:47
こんちは〜♪
チョッと原因究明をしましょう
今までの施肥の具合は如何されましたか??
極端な寒さは無かったでしょうか?
>やはり虫が発生したので
虫とはカイガラムシでしょうか??
>市販の農薬を2回噴霧
薬剤の種類は何を散布されましたか?
それに回数が二回とは間隔は如何ほどでしたか??

かつみ 【関東】 2009/06/14(日) 12:06:26
施肥:高度化成万能型肥料(顆粒)を春先に1〜2回程度。
寒さ:極端な寒さは特に無かった。
虫 :昨年、葉裏に0.5mm程度のアブラムシのような虫発生し、葉が
   ちりちりに変形、その後1mm程度の「痩せたハエのような虫」に
   羽化。落葉後、幹表面全体が黒いスス状に汚れ。
   春先に枝を剪定した時、できるだけ汚れを落した。
薬剤:新芽が出た時、昨年と同様虫が発生し葉がちりちりに成り出し
   たのでフマキラー「アタックワンAL」を10日程度間を空けて
   2回散布、虫害の拡大は抑えたと思った。

以上の経過です。その後枝の落下収まり新しい枝が伸び始めています
が、たまたま折れた枝の折れ口を改めて観察すると、直径3mm程度の
枝断面の内、樹皮を除いた芯の太さは約1mm程度ですが、これが完全
に分断され、間に直径1mm程度の団子状の虫(??)あるいは変形組織
が挟まっていました。いままでに落下した枝すべてが同様でした。
これは虫でしょうか、病気でしょうか。

植木屋 園主 [URL:http://green.ap.teacup.com/oujien/] 2009/06/15(月) 22:52:00
こんちは〜♪
お書きの中からシンクイムシではないかなと思われる以下の二項目を上げます
>葉裏に0.5mm程度のアブラムシのような虫発生し、葉がちりちりに変形
>間に直径1mm程度の団子状の虫(??)あるいは変形組織が挟まっていました
先ず最初にチリチリに変形した葉と言うところから既に枝先に卵を産み付けられ孵化した幼虫から食害された為に葉の変形と言う症状が出たものだと思われます
その後次に産み付けられた卵も孵化して幼虫となり巣食っている最中の出来事ではないかなと思います
使用の薬剤は浸透移行性なのでコレで良いとは思いますが
シンクイムシ類などは中々ハッキリとした効果は期待薄です(卵には効果なし)
※出来ればチリチリの症状が見えたら枝先を切り取り処分が間違いないと思われます


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター