ダチュラ 八重朝鮮朝顔 毛朝鮮朝顔

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

ダリア 【九州】 2009/01/17(土) 17:26:12
お世話になります。
昨年の夏、実家の近所の畑で惚れこんだ花があり、農家の方から分けていただく約束をしております。
しばらく忘れていたのですが、先程花の名前と育て方を調べておこうと検索した結果、八重朝鮮朝顔と毛朝鮮朝顔だという事が分かったのですが、かなり危険な植物なようで・・・
しかも、多年草(もしくは低木)だと思っていたのが一年草だという事も分かりました。
という事は、タネでいただく事になりそうなのですが麻薬成分云々という話があり、もしかして違法なのかと不安になり質問させていただきました。

もし植える事になった場合、お店の駐車場(砂利が敷いてあり、周りに遮るものは何もないので年間を通して直射日光がガンガンあたります)の一部に植えようと思っていたのですが、お客様が触ったりしたらまずいですよね〜(とてもキレイな花なので、下手すると折っていかれる方がいるかも)
ちなみに近所では道路の植栽で毛朝鮮朝顔が植えてあります。

直隆 2009/01/17(土) 22:18:07
チョウセンアサガオは確かに有毒ですが、栽培や所持が法律上規制されているものではありません。

安全に関しては、冷たい言い方になるかもしれませんが自分のものではない植物を勝手にいじって中毒になるのはその人の責任であり、植物の所有者が責められるものではないと思います。
念のため近くの目立つところに注意書き(有毒植物である旨)を記した看板を置いてはいかがかと思います。

メノイティウス 【東海】 2009/01/17(土) 22:32:55
ダツラの栽培、所持に関しては、違法ではありませんので、その点はご安心ください。
ただし、有毒成分(麻酔作用、場合により死にも至る)が含まれていることは確かですので、栽培においては注意が必要です。

花の蕾がオクラに似ている事から、間違えて食べてしまい、中毒、死亡したケースなど、度々起こっています。
特に、小さい子供や、ペットの動物など、いくら注意をしても突然何を口にするか分からない事がありますので、その点を配慮して、不特定多数が触る可能性がある場所での栽培は、避けた方が無難かもしれません。

後々のトラブルを避けるためにも、「これは有毒植物である」という認識を確実に共有できる場での栽培をお勧めします。

メノイティウス 2009/01/17(土) 22:51:54
訂正です
上記の
不特定多数が触る可能性がある場所
は、
不特定多数が触る可能性が高い場所
と訂正させていただきます。

「可能性がある」と言ってしまうと、全ての場所が当てはまってしまいそうですので、一応訂正させていただきます。

これは有毒、という認識をしっかり持って扱えば、トラブルも起きにくくなると思いますので、どうかあまり怖がらずに栽培を楽しんでくださいね。

へたれ 2009/01/18(日) 11:09:25
身近な植物、花屋で売られている植物に有毒なものは以外なほど多いもの、というより食べられたりする植物のほうが格段に少ないのです。もっと危険な夾竹桃もあちこちの公園に植えられていたり・・・・。
また、一般的には無毒でもアレルゲンとなる場合もあり、ショックがでると命にかかわる場合もあります(アレルギーを軽く見てはいけません)。

そもそも植物に触ったら手を洗う、食物以外は口にしない、という日常生活の常識を守っていれば問題ありません。
有毒植物についても今まで全くご存知なかったようですので、これを機会に調べて知識を拡充されてはいかがでしょうか?

ダリア 【九州】 2009/01/18(日) 11:33:14
[[解決]]
直隆さん、メノイティウスさん、へたれさんレスありがとうございます。

違法でないとの事、安心致しました。
が、やはり不特定多数(小さな子供連れ含む)の方が来るお店に有毒植物と分かっている花を植えるのはやめたほうが良さそうですね。
特に花壇や寄せ植えの珍しい花やバラなどを頻繁に折られるので、目を惹く八重朝鮮朝顔は例え注意書きをしていても危険かもしれません。
花自体は諦め切れませんので自宅の間違いの起こらない場所に植えようと思います。

夾竹桃などは緑地帯には必ず植えてあり、子供の頃に母から絶対に触らないように、と注意されていたことを覚えております。
アサガオやスズランなども有名ですね。
昨年、やはりお店に植えようと購入したカロライナジャスミンが有毒植物だと知った頃から興味を持って調べるようにしておりますが、あまりの多さに驚くばかりです。
園芸とは奥が深いですね・・・
(子供が葉を千切るので、カロライナジャスミンは残念ながら実家に置いてきました。)

皆様、ご教授ありがとうございました。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター