モッコウバラの手入れ

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

とろっきー 2008/11/06(木) 19:16:39
今年の早春、モッコウバラを植えました。旺盛に伸びる為、剪定は必要ないと聞いたので花後も特に手入れはしませんでした。夏頃からチュウレンジ蜂の幼虫に葉をほとんど食べられ、今は残った少ない葉もうどん粉病にかかっています。でも、枝は元気に伸びしなっています。来年の春にまた更に花数を増やす為には、やはり枝の分岐を促す為に伸びている枝を切り戻した方がいいように思いますが、この時期切り戻してもいいのでしょうか?また枝のどの辺りからきればよいでしょうか?

cactus 2008/11/09(日) 14:13:41
剪定が必要無いと、誰がそんな事を言ったのですか。販売させようと根
も葉も無い事を言う店員さんが居ますが、そのような方は詳しく知らな
いだけで売れれば良いと考えているだけです。手入れは必要が無いと言
われたら、誰でもその気になってしまうのではないでしょうか。

品種によってツルの伸び具合は違いますが、平均して1年に2m〜3m
程度は伸びます。モッコウバラは強健な性質で、生長も早いのが特徴で
す。そのため狭い場所での栽培には適していません。
花は枝先に付きますから、剪定をしないで放任するとツルだけが長く伸
びてしまい、見栄えも悪くなってしまいます。
剪定には夏の整枝と冬の剪定があり、夏の整枝は不要枝を切って風通し
を良くし、葉の全体に光線が良く当たるようにします。また開花後には
開花枝を半分程度切り戻しをします。
冬の剪定は12月中旬から1月に行い、3〜4節残して切り戻します。

剪定時に切る方法ですが、バラ類の場合は芽の上の枝を5ミリの位置で
切ります。芽のすぐ脇で切ってしまうと、芽が乾燥して芽が駄目になっ
てしまいます。また逆に長く切ってしまうと、切り口から枯れてしまい
ます。バラ類の場合は切り口に保護剤を塗るのが基本ですが、長く枝を
切ってしまった場合は保護剤を塗っても意味がありません。

ここまで長く書きましたが、読まれても意味不明で理解は出来なくなっ
ていると思います。それだけ文章で説明をするのは難しいわけです。
確実な方法としては、書店で樹木の本を購入され、それを良く読まれて
頭に叩き込むのが一番です。申し訳ありませんが、書店で樹木の剪定が
書かれている本を探され、それを購入されて良く読まれて下さい。

とろっきー 2008/11/09(日) 20:57:42
[[解決]]
cactusさん、とっても詳しいアドバイスをありがとうございます。夏の剪定は時期を逃してしまいましたが、12月に入ったら冬の剪定にトライしてみます。追いしえていただいた事柄を参考にしてやってみます。きっとこのままより花数も増えバランスもよくなりますよね。本屋さんで剪定の仕方の本も手に入れて勉強します!どうもありがとうございました!!


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター