巨峰の新茎に直径1ミリ弱の透明な球状の卵?

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

まさる 【近畿】 2008/05/01(木) 17:17:59
いつも、ご親切にご指導頂き有難うございます。
巨峰の苗木を地植えして7年目ですが、失敗や成功を織り交ぜて、少しづつ慣れてきて、美味しさと、夏の日除けとを両立させてきました。
毎年、大切に残しておきたい方向に生えてきた枝に限って鉄砲虫の類が入り、残念ながら切り取らねばならなくなり、残った枝振りは、希望する方向にUターンさせるなどで、美しくありません。

さて、今年になって初めて、タイトル記載の卵の存在に気付きました。

毎年同じことが起きていた筈ですが、「葡萄の新鮮な水分が露のように球になっている」と思い込んでいました。

今年、「どうも変だ」と思って、なまし鉄線(いぼ竹などを結わえる針金)の先で撫でると、「ピョン」とか「ポロッ」という感じで跳ねるように落ちるので、水滴の様な物では無いことが明らかになり、素手で擦ると指がねばねばします。
一昨日と昨日はそれぞれ百個ぐらいずつ、今日も40個ほど除去しました。
これって、害虫の卵でしょうか?

りっこ 【関東】 2008/05/01(木) 19:46:19
まさるさん心配いりませんよ、真珠腺です。下記を参照してみてください。樹液ですからねばねばもするでしょう。
http://kimama.jp/diary/kudamono/nicky.cgi?DT=20080411A

まさる 【近畿】 2008/05/01(木) 20:08:13
りつこさん有難うございます。
明日から安心して見て居れます。
樹液がこんなにキラキラと透明でまん丸で美しいとは、感激です。
冬に剪定した古枝の先端からポタポタ落ちる液をヘチマコロンのように手に塗ったら匂いも感触も良くなかったのに、真珠線はすてきですね。
真珠線が多く出ることは、木が元気な証拠と考えて良いでしょうか?

りっこ 【関東】 2008/05/01(木) 21:09:26
根が元気の証拠です。葉もまだ大きくなっていないのでそのような現象がおこるのではないでしょうか。メロンの栽培でも定植翌朝葉露が見えれば根が元気で活着と判断します。樹液は手に塗って大丈夫かどうかはわかりません。イチジクの樹液では被れることもあります。アシタバも黄色ですごい色です。ブドウの真珠腺は素敵ですね。昨日ナイアガラの剪定した先端部が枯れていたような細い枝が頭にあたるので10cmほどぽっきと折りましたら(折れた音がしましたが)中心部が生きていました。ごたぶんにもれず、透明な樹液がぽたぽたでてあわててカルスメイトと塗布しました。おそらく同じ成分でしょう。

まさる 【近畿】 2008/05/01(木) 21:51:17
りつこさん有難うございます。

数日前から、早朝には、新しい葉っぱの輪郭のあたりにも、同じような物があり、これは、(虫の卵なら新しい葉や茎の付け根に生むはずで、葉っぱの先っぽに生むわけ無いから)おそらく朝露だろうと思っていました、しかし、これも真珠線だったのでしょうか?(質問1)

私が、一昨日から、躍起になって除去した真珠線は、
人間の汗とか涙のように、どっちみち元の茎(人間なら体内)に戻らないので、私が取ったこと自体は、無駄な努力ではあったにせよ、巨峰にとって、有益ではないが、有害な作業では無かった、と考えて正しいでしょうか?(質問2)

恐れ入りますが、これらについても、教えてくださるよう、お願いします。

りっこ 【関東】 2008/05/01(木) 22:50:04
丸いのは全て真珠腺ですね。朝露は空気中の水分が関係します。又、除去してもしなくてもいずれ乾燥してなくなります。「有益ではないが、有害な作業でも無かった」ということでしょう。
当方も最初苗の販売元に尋ねたことがありました。「これは虫の卵?」と。店員は分かりませんでしたね。いずれにしても「葉や新梢からの直径1〜2mmの分泌物。一見虫の卵のように見える。順調に成長している樹ほど多い」という説明もあります。見守ってあげてください。

タネツギ 【関東】 [URL:http://homepage2.nifty.com/tane-tak/] 2008/05/01(木) 23:19:12
2日前にも同趣旨の質疑応答があり、次で真珠腺とお答えしました。センは、糸偏でなく、ニクヅキです。
 出現箇所や意味を載せた当方サイトも案内しています。http://engeisoudan.com/lngv.cgi?print+200804/08040046.txt

まさる 【近畿】 2008/05/02(金) 18:34:26
[[解決]]
りつこさん、タネツギさん 有難うございました。
お陰様で、よく解りました。
今後は、樹が元気な証拠と考えて、安心して見守ります。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター