フェニックス・ロベリニー

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

すぎ 【九州】 2007/07/24(火) 23:36:08
フェニックス・ロベレニーを育てているのですが、一鉢に二本はえていたのを分けて植えたところ日に日に葉っぱがしおれ無残な姿になってしまいました。日当たりの良いベランダにおいていて、固形肥料を少し、週に一度液体肥料を与えていました。それでも枯れてきたので、活力剤を与えても変わらず、今にも死にそうな状態です。
どうしたらいいか教えてください。

コバエ 2007/07/25(水) 09:18:22
日に日にかれてくるのは、植え替えのときに根を傷めた上に、日向にだされて、肥料を与えたからです。
根が傷んで必要な水分が十分得られないときに日向でパンチを浴び、更に肥料を与えたところでノックダウン。
植え替えは人間で言えば手術みたいなもの。肥料はてんぷら、うなぎ、ステーキ山盛りですね。
胃を切った直後にそれを口に詰め込まれ、日向ぼっこしているとおもってください。

できることはもしできるなら古い葉から全体の3分の1くらい切り落とす。そして肥料を取り去り、半日陰において、土の表面が乾いてきたら水をたっぷり(皿にはためないで流れるまであたえ、捨てる)を繰り返すだけです。
それでもだめならあきらめてください。

植え替えって、どうやったのですかね。
そちらの方法がわからないですが、それだけで致命傷ってこともありえます。

すぎ 2007/07/25(水) 09:44:11
アドバイス有難うございます。早速肥料を取り除き日陰に移しました。
植え替えは根っこを切らずに丁寧に分けてあげて植えました。

コバエ 2007/07/26(木) 11:13:17
丁寧に、ということは土を全部落とした、ということでしょうか?。
としたらこれが萎れの最大の原因でしょう。

根が養分を吸うのは、根の表面にある毛根(産毛みたいなもの)からだけです。
土を落とすと毛根が全て剥げ落ち、根は残ってもしばらく水を吸収できません。
そこに直射と肥料でほぼ致命傷に近い状態なのではないかとおもわれます。

多少根は切っても、土をある程度残し、また根が傷んだ分、地上部も葉を整理したうえで半月以上 半日陰で蒸れない、かつあまり風アタリの強くないところで、表面が乾いたらたっぷり水を繰り返します。

葉は思い切って半分くらい、古いほうから切ってはいかがでしょう?

あとは木の体力次第ですが、頂点が枯れてしまったらおしまいです。

すぎ 2007/07/27(金) 20:04:58
[[解決]]
分かりました。言われたことを実践し、後は様子を見てみます。
有難うございました。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター