もみじの葉先

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

りほ 【四国】 2005/11/08(火) 20:58:36
南庭に、やまもみじ2本・のむらもみじ1本を植えています。やまもみじ1本とのむらもみじ1本は今年の3月に新植し、やまもみじ1本は植えて20年になりますが、全て葉先が枯れ、全体に元気がないようなのですが。
灌水はかかさずたっぷりかけているのですが

植木屋 園主 [URL:http://members.aol.com/Oujien/] 2005/11/08(火) 21:56:15
こんちは〜♪
>灌水はかかさずたっぷりかけているのですが
少々根がアップアップしているように感じられますが?(^m^;)
夏場は越しているようなのでその後の管理方法が問題かも?

モミジは本来空中湿度の高い沢沿いに自生も多く見られる樹種です
かといって土地に水気が多いかと言うと、崖っぷち等の乾燥している所でも育つものです
※拠って土が乾燥しているなら葉水(葉に散水)も含めて散水する程度が好いのではないでしょうか?

※もう一つは土の中のネキリムシ(コガネムシ類)による食害?
と幹にシンクイムシの進入食害?(幹に小さな穴が有り、ノコ屑状のものがあります)
穴に針金など細いものを差込み中の虫を殺虫?(差し込んで針金を良く見ると湿っていれば刺し殺した事になりますが)(^_^;)
同時にオルトラン粒剤を根元に散布が好いと思います!

Iwasaki 【近畿】 2005/11/08(火) 22:40:50
りほさん 樹の大きさと 散水は周に何回位行っているのでしょうか
又 散水の時間帯は何時頃でしょうか
一つ目の可能性は 紫外線による葉焼けです。
二つ目の可能性は 散水の遣り過ぎで根腐り等を起して樹が弱った為
三つ目の可能性は 根切り虫等害虫による食害の可能性が有ります
只 三番目の場合は 刃先だけが枯れる事は少なくて 殆ど一気に枯れこむ事が多いので 可能性は低いです。
どちらにせよ 樹が弱っているのは事実ですので 其のまま様子を見るよりは処置をした方が良いでしょう。
根が傷んだりしている時は肥料は直接与えてはいけませんので 葉面散布用の活力剤等 使用してみては如何でしょうか。

>同時にオルトラン粒剤を根元に散布が好いと思います!
植木屋 園主さん オルトラン粒剤を樹木の根元に散布する事は 農薬取締法に違反します。

植木屋 園主 [URL:http://members.aol.com/Oujien/] 2005/11/08(火) 23:35:33
こんちは〜♪
>オルトラン粒剤を樹木の根元に散布する事
では何処に散布するのが正しいのでしょうか?
確か花き類・観葉植物にも最近農薬取締法でも認められたと思ったんですが?

Iwasaki 【近畿】 2005/11/09(水) 01:29:39
>では何処に散布するのが正しいのでしょうか?
>確か花き類・観葉植物にも最近農薬取締法でも認められたと思ったんですが?
花き類・観葉植物と書かれているので 判り難いのですが 花き類は草本植物の事でバラ・菊・カーネーション等の事で 観葉植物とはゴムの木等の鉢植え用が 確か対象だったと思います。
もみじは 樹木類(木本植物)の花木に分類されているはずです。

植木屋 園主 [URL:http://members.aol.com/Oujien/] 2005/11/09(水) 20:05:44
こんちは〜♪
まさしくIwasakiさんのご指摘の通りです
確かに正確に言えば法的にはモミジにオルトラン粒剤使用は違反です
ただ私は公的な立場の人間ではありませんし、
私的見地で述べたまでで、強制でも何でもありませんが
オルトラン粒剤は有効成分のアセフェート・・・5.0%
かたや許可されているオルトラン水和剤はアセフェート・・・50.0%
と強い毒性?かと判断しました
また一本は20年生以上のモミジなら高さも相当高い木と判断し、散布器具もそれなりの噴霧能力が必要で、一般家庭で慣れない方がやむなく使用されるなら
少しでも毒性の低く、散布危惧も必要なく環境の面でも良いかな?と判断しました。

花き類、観葉植物で良いのにモミジはダメって云うのが
何が原因でダメなのか今一つ分からないのですが?
ご存知でしたら教えて頂けませんでしょうか?
あっ!この問題は今回とは別で出さなきゃダメですよね_(._.)\

以前に他の薬剤について似た様な問題で、公的関係機関にも何箇所か問い合わせましたが、「公に散布OKと許可を出す事は出来ないが、
ゴルフ場とか大量?に使用されるところや水源地に近い付近が一応の検査対象で、
一般家庭で害虫駆除に使用される程度なら
わざわざ出向いて検査摘発とかも無いでしょう」と口を濁された経験もありました

実際問題で花木だけでも凄い種類がありますので
一つ一つ適用作物で使用可能な薬剤を探しても見つからないと思いますが?
また農薬製造者側も樹木類での認可の手順を踏むのが間に合わない状況のようですね

植木屋 園主 [URL:http://members.aol.com/Oujien/] 2005/11/09(水) 22:04:17
>散布器具
>散布危惧
散布機具の間違いです。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです

園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター