菖蒲の植え替えについて

この記事は[園芸相談センター]の過去ログです


凛々 2003/06/24(火) 23:31:08
地植えの菖蒲の植え替えについて、時期や注意点などを教えてください。

いーさん 2004/02/14(土) 10:39:58
菖蒲植え替えについて

たちつ 2004/02/14(土) 13:44:40
一般的な草花の事を簡単に言えば、良く店頭に売られているシーズンが旬・植え付け時。花付き・実付きは別。
別の言い方すれば、花後、芽出し前(根が活発に動き出す、から根付きが易い。) 若木・小苗時期。従って、今時分からボチボチと・・・
通常は花後・秋口にと言いますが。私は気分しだいです。ただ遅過ぎると株張り、根張りが弱く、花付きが悪くなったり、花芽が付かなかったりする場合がある。株分け・根きりは程ほどに。
切り口に石灰等で消毒をする事が大切か。ついでに中和も。
一年目は花数が少なく、大きい
二年目は綺麗
三年目は花数多くて小さい 従って花後の、ここで株分け・植え替えると良い。のが定説となる。
一年目は花茎が伸びたら、添木を、風で倒れたり・折れたりしたら、悲惨となる。
直ぐに大株になるので、密植しない方がよろしい。
花を見たければ待つ事。鬱陶しいと思うなら今。なにぶん、ご当地の気候や株の大きさが判らないもので・・・・

たちつ 2004/02/15(日) 15:09:27
花芽の付き方の追加
花後に旧花株の横に来年の新芽(花芽)が付く、それを2-3芽付けて株分けする。其の後、夏秋冬と新芽の分化・増加及び株が充実してくる。従って全芽に花が付く。遅いと新芽の充実期間が短いので、細い、ひ弱な芽となり、葉だけで終わる。従って、花後新芽が生えてくる、6月下旬位が株分け、植え付け時節の最も効率な花の咲かせ方となる。株分けとは株の若返りを計るものと理解すれば良い。
遅ければ株分けを半分とか、1/3とか大まかにしておけば、負担が少なくて良い。

たちつ 2004/02/15(日) 15:09:19
花芽の付き方の追加
花後に旧花株の横に来年の新芽(花芽)が付く、それを2-3芽付けて株分けする。其の後、夏秋冬と新芽の分化・増加及び株が充実してくる。従って全芽に花が付く。遅いと新芽の充実期間が短いので、細い、ひ弱な芽となり、葉だけで終わる。従って、花後新芽が生えてくる、6月下旬位が株分け、植え付け時節の最も効率な花の咲かせ方となる。株分けとは株の若返りを計るものと理解すれば良い。
遅ければ株分けを半分とか、1/3とか大まかにしておけば、負担が少なくて良い。


この記事は[園芸相談センター]の過去ログです


園芸相談掲示板@園芸相談センター園芸相談センター